2017/12/05 Cooperative Re…

2017/12/05 Cooperative Research and Education Center for Environment Technology (Kyoto University – Tsinghua University)

日系2世?の逆輸入京都大学生に上記施設を案内して頂きました.

彼の専門は資源循環科学や廃棄物工学にも関わらず,燃焼可能状態にした汚泥とゴミを一緒に償却することで得られるコストメリットを金額ベースで試算しており,本当にすごいと思いました.分野が異なる私にも,自分の研究や研究室内の分析装置を丁寧に教えてくれました.ありがとう.

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

hoso-kun

名前:細川翔平.修士(工学).福岡県八女市シェアハウス在住・病院勤務のブロガー.1994年生まれ .得意分野は包括医療費支払い制度(DPC),経済学,クレジットカードです.研究業績:公益社団法人日本経営工学会優秀学生賞(H28/3),公益財団法人本荘由利産学振興財団 平成28年度国際交流助成事業採択(H28/7)