20170808 秋田県高校生将来設計ガイダンス …

20170808 秋田県高校生将来設計ガイダンス

秋田県内の高校1年生を対象に,県内の大学で学ぶことのできる学問の内容や卒業後の職業について理解を深め,学習への意欲を高めることで将来設計を支援することを目的とした「将来設計ガイダンス」が行なわれました.

本研究室では嶋崎善章先生から,経済学の魅力や高校3年間で学習してほしいことをご説明いただき,私と4年生は自分の取り組んでいる研究テーマを発表しました.

「経済学って何の役に立つの?」ってよく聞かれます.経済学は資格や手に職とは異なり,直接的に役に立っているかと難しいです.でも私は,大学時代という早いうちに経済センスを身につけることに意味があると感じています.早くから経済学を通じて意思決定に必要な判断材料が吟味出来れば,きっと自分の人生においてよい選択ができるようになるからです.

まだ社会に出てないので大きなこと言えませんけど(笑)

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

hoso-kun

名前:細川翔平.修士(工学).福岡県八女市シェアハウス在住・病院勤務のブロガー.1994年生まれ .得意分野は包括医療費支払い制度(DPC),経済学,クレジットカードです.研究業績:公益社団法人日本経営工学会優秀学生賞(H28/3),公益財団法人本荘由利産学振興財団 平成28年度国際交流助成事業採択(H28/7)