20170803「平穏死のすすめ」石飛幸三先生 社…

20170803「平穏死のすすめ」石飛幸三先生

社会福祉法人わかば会主催の看取り特別セミナーに参加しました.講師は特別養護老人ホーム芦花ホーム常勤医石飛幸三先生です.

様々な延命治療法が開発される中で,家族は愛する父母に対してどこまで延命措置を受ければいいのか分からなくなっています.

人生最期の迎え方については,様々な考え方が各々あると思います.点滴や経管栄養も大事ですが,「自分で口から食べなくなる,これは身体が生きることを終える証」と考え,平穏死を選択することも大切だと今回のセミナーで知りました.

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

hoso-kun

名前:細川翔平.修士(工学).福岡県八女市シェアハウス在住・病院勤務のブロガー.1994年生まれ .得意分野は包括医療費支払い制度(DPC),経済学,クレジットカードです.研究業績:公益社団法人日本経営工学会優秀学生賞(H28/3),公益財団法人本荘由利産学振興財団 平成28年度国際交流助成事業採択(H28/7)