20170719 たけうち × けんた ~ オープ…

20170719 たけうち × けんた ~ オープンデータで秋田を変える

未来投資戦略2017にも登場するキーワード「オープンデータ」

オープンデータに関して私は「他の行政サービスと比較して数量的(利用者数など)な評価があるのか?」「紙ベースのものを電子化していく過程は税金をかけてやることなのか?」と懐疑的な見方をしていたため、勉強のためにも秋田中年会議所が主催する「ICTを活用した地域課題の解決」に参加してきました。

セミナーではオープンデータに関する他自治体の先行事例を通じて、秋田で取り組むべきことについて話し合われました。話し合われた内容の中で特にいいなと思ったのは、医療・介護に関するオープンデータの活用です。市区町村がもっている介護保険データをオープンにすることで、社会福祉施設まとめサイト(諸条件を入れるだけで、県内の空き入居施設を検索など)が可能となるわけです。これは国が進めている地域包括ケアそのものと言えるでしょう。

セミナーを聞いて、このような行政サービスはまず利用してもらう(市民を巻き込んでやっていくこと)が大切です。そのため、インセンティブを上手に与え、現場からの情報の吸い上げを促進し、ネットワーク外部性を高めていくことが大事だと感じました。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

hoso-kun

名前:細川翔平.修士(工学).福岡県八女市シェアハウス在住・病院勤務のブロガー.1994年生まれ .得意分野は包括医療費支払い制度(DPC),経済学,クレジットカードです.研究業績:公益社団法人日本経営工学会優秀学生賞(H28/3),公益財団法人本荘由利産学振興財団 平成28年度国際交流助成事業採択(H28/7)