20170707 ロボットが活躍する次世代型のスマ…

20170707 ロボットが活躍する次世代型のスマートホテル「変なホテル 舞浜 東京ベイ」リポート⑥まとめ編

今回の宿泊は,ただ泊まるだけではなく,ホテルビジネスについて考えるよい機会となりました.ホテル運営には受付・清掃・配膳など多くの労働力が必要です.変なホテルでは従来ホテルに比べて,人件費を約3分の1以下に削減しています.よってコストが抑えられており.利用者側としても,大人2名利用14,000円~(1人7000円)のリーズナブルな価格は嬉しいですよね.

また,ベンチャービジネス論の講演で平林副社長は「将来的には9割以上を自動化・ロボット化したい」とおっしゃっておりました.ロボットホテルはこれからのホテルビジネスのスタンダードになっていくのでしょうね.

もし,HISが他ホテルに変なホテルのシステムとロボットのセット販売を始めたら,ホテル管理システム(PMS)を販売・運営する既存会社とは一線を画すものになっていく気がします!まさにHISはホテル界のインフラを創ろうとしているのではないでしょうか?

変なホテル ハウステンボスは変なホテル 舞浜よりも多くのロボットが働いており,クロークはアーム型ロボが管理し,荷物をポーターロボットが運んでくれたりとより面白そうな作りになっているそうです.次に福岡からハウステンボスへ遊び行く時に絶対泊まります!ではまた!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

hoso-kun

名前:細川翔平.修士(工学).福岡県八女市シェアハウス在住・病院勤務のブロガー.1994年生まれ .得意分野は包括医療費支払い制度(DPC),経済学,クレジットカードです.研究業績:公益社団法人日本経営工学会優秀学生賞(H28/3),公益財団法人本荘由利産学振興財団 平成28年度国際交流助成事業採択(H28/7)