旅行もかねて一関まで2014 報告 part11 …

旅行もかねて一関まで2014 報告 part11

2014/03/16 18:00

~前回までのおさらい~

細川君は小岩井農場の回し者です。ケイカイセヨ。

part11にしてついに、岩手のグルメを紹介したいと思う。

ここで紹介するのは「じゃじゃ麺」である。

今回は安部君の昔からの行きつけである、

じゃじゃ麺本舗 じゃじゃ丸 というお店に行った。

じゃじゃ麺は岩手県盛岡市でわんこそば、冷麺と並んで

「盛岡三大麺」と称される麺料理の一つであり、

じゃじゃ麺用の平たい麺に、特製の肉味噌とキュウリ、ネギをかけ、

好みに合わせてラー油やおろしショウガやニンニクをかけて食べる。

麺を食べた後の器に、「鶏蛋湯(チータンタン)」と呼ばれる、

卵を割り肉味噌を加え、茹で汁を注いでかき混ぜたスープを入れて飲む。

(wikipedia参照)

そんなじゃじゃ麺にもさまざまな種類があり、

写真は左から、バターじゃじゃ麺、ツナマヨじゃじゃ麺、そして、

満腹セット(焼肉丼とじゃじゃ麺のセット)である。

中でも満腹セットはこのボリュームで850円という価格設定となっており、

じゃじゃ麺の美味さ、また食べたくなるようなボリュームはもちろん、

焼肉丼はピリリと香辛料が口の中に広がり、ご飯がいつまでも進んでしまうような、

スパイシーな風味となっている。

安部君また連れてってねー

(著者:井上)

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

hoso-kun

名前:細川翔平.修士(工学).福岡県八女市シェアハウス在住・病院勤務のブロガー.1994年生まれ .得意分野は包括医療費支払い制度(DPC),経済学,クレジットカードです.研究業績:公益社団法人日本経営工学会優秀学生賞(H28/3),公益財団法人本荘由利産学振興財団 平成28年度国際交流助成事業採択(H28/7)