旅行もかねて一関まで2014 報告 part5 2…

旅行もかねて一関まで2014 報告 part5

2014/03/16 11:00

~前回のおさらい~

「角館 雨風しのぐは 人の愛」

我々はようやくpart5にして、細川君の例の企画書にあった最初の目的地である

安藤醸造元 北浦本館に到着した。

建物は一見すると、どこにでもありそうなお土産屋。

こんなところに醤油ソフトが本当にあるのか?

店の奥にそれはあった。看板を見ると、1つ320円だという。

たこ焼きが買えるなあ、なんてことは一切考えずに、我々は4つ購入した。

コーンの上に乗った茶色のクリームは、綺麗な渦巻きを帯び、チョコソフトの様相を呈していた。

・・・、恐る恐る一口。

あまじょっぱいクリームが口の中いっぱいに広がり、次の一口が食べたくなるような

程よい甘さが、我々の舌の上で踊っている。

しかし、我々の体は何故か震えていた。醤油ソフトのあまりのおいしさに拠るものなのか、

ただ単に足から冷えていたためなのか。

ただ一つ言えるのは、すごく寒かったということである。

醤油ソフトを食べたあと、我々が味噌汁とお出汁の試飲へと向かったのは、言うまでもない。

こうして我々は、そこにいたカップルに嫉妬しつつ、ようやく角館を出発し、雫石へと向かった。

(著者:井上)

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

hoso-kun

名前:細川翔平.修士(工学).福岡県八女市シェアハウス在住・病院勤務のブロガー.1994年生まれ .得意分野は包括医療費支払い制度(DPC),経済学,クレジットカードです.研究業績:公益社団法人日本経営工学会優秀学生賞(H28/3),公益財団法人本荘由利産学振興財団 平成28年度国際交流助成事業採択(H28/7)