旅行もかねて一関まで2014 報告 part4 2…

旅行もかねて一関まで2014 報告 part4

2014/03/16 10:30

~前回のおさらい~

「牙をむいた角館」

駅の隣の土産屋で雨宿りをしながら、靴のビチョビチョと闘っていた我々は、

とりあえず時間を稼ぐためお土産を買うことにした。

店の外に出たとき雨が止んでいれば、というわずかな望みを持ち、外に出たが、

雨は相変わらず私たちの耳にネガティブな音色を運び続けていた。

しかし、このような状況でも私たちは車に戻らなければならない。

諦めて、200円で傘を購入しようと傘を売っている店に向かおうとしたその時。

「ちょっと待ってください!!」

土産屋のお姉さんが、レジを打つ時より何倍も大きな声で叫んだ。

彼女が店の奥から持ってきたのは、少し小さめの2つの傘だったのである。

「これ良かったら使って下さい。」

人の温かさに感動した。

思わず駅前で写真を撮ってしまったくらいである。

「これでやっと雨ニモ負ケズ風ニモ負ケズ車へ戻れる。」

こうして私たちはついに醤油ソフトの待つ、「安藤醸造元 北浦本館」へと向かったのであった・・・

(著者:井上)

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

hoso-kun

名前:細川翔平.修士(工学).福岡県八女市シェアハウス在住・病院勤務のブロガー.1994年生まれ .得意分野は包括医療費支払い制度(DPC),経済学,クレジットカードです.研究業績:公益社団法人日本経営工学会優秀学生賞(H28/3),公益財団法人本荘由利産学振興財団 平成28年度国際交流助成事業採択(H28/7)