大学院ポスターセッション発表のため、秋田県立秋田中…

大学院ポスターセッション発表のため、秋田県立秋田中央高等学校へ行ってきました。対象は2年生理系クラス120名。15分✖️3回

発表者が10人いて、高校生が好きなところへ発表を聞きに行くスタイルです。例えるなら就職活動の合同企業説明会。私は企業の説明会担当者として出展している時の気持ちでした。露骨に人気かどうかが分かれるやつです。となりのブースに高校生がいっぱい来て、私のブースに来てくれないとしょぼんとなりますね。発表タイトルに高校生が好きな「ディズニー」とか無理やり入れときゃ良かったわ。

高校生のみなさんが感じよく返事してくれるので、こちらも楽しんで発表できました笑

私たちの発表を通じて、少しでも県立大学や研究の姿勢を知って楽しんでくれれば幸いです。

てか、校舎めっちゃ綺麗やな!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

hoso-kun

名前:細川翔平.修士(工学).福岡県八女市シェアハウス在住・病院勤務のブロガー.1994年生まれ .得意分野は包括医療費支払い制度(DPC),経済学,クレジットカードです.研究業績:公益社団法人日本経営工学会優秀学生賞(H28/3),公益財団法人本荘由利産学振興財団 平成28年度国際交流助成事業採択(H28/7)