アキコネに参加してきました!一番,参考になったのは…

アキコネに参加してきました!一番,参考になったのは看護学生団体のブース!

今,医療経営分野において多職種連携を推し進めるのは,病院の利益の源泉が比較優位に基づく分業だからだと私は思います.

つまり,専門性や得意なことを活かして気持ちよく働いてもらうことが,病院をうまく回転(経営)させるポイントになります.

一方で,比較優位をいかすにはお互いの仕事の調整が重要ですので,看護学生の皆さんの話に混ぜていただき,多職種の仕事を知ることができて,大変勉強になりました.

もちろん,他の団体さんの話も大変面白かったです!運営の皆さん,お疲れ様でした.ありがとうございました!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

hoso-kun

名前:細川翔平.修士(工学).福岡県八女市シェアハウス在住・病院勤務のブロガー.1994年生まれ .得意分野は包括医療費支払い制度(DPC),経済学,クレジットカードです.研究業績:公益社団法人日本経営工学会優秀学生賞(H28/3),公益財団法人本荘由利産学振興財団 平成28年度国際交流助成事業採択(H28/7)