「教職課程4年間を終えて」 1/8(金)に教育職員…

「教職課程4年間を終えて」

1/8(金)に教育職員免許状授与申請がありました.これであと書類を提出すれば無事免許取得.

思えば私が今この場に立っているのは,教職課程の先生をはじめ多くの方に支えて頂いたからです.

1年生の時『資格が欲しいから,何かやりたいから』そんな理由で始めた教職課程は,案の上2年生になるころには辞めていました.なので,私の履修カルテにはH25年度の教職科目履修講義はありません.

そんなこんなで時はすぎ,2年生の冬に転機が訪れました.廊下でたまたま小池先生と出会ったのです.「細川君,教職課程続けなよ.君は~(割愛)」と声を掛けていただきました.まさか名前を憶えて下さったなんて…

『こんな素敵な先生方の話を聞く・仲良くなるだけでも十分に教職を続ける意味がある.多くを吸収してやる』その思いで教職過程を再び始めました.結果として,自分1人では出会うことの無かった本や映画,母校の盛岡北高校での実習という経験ができ,人としての厚みを少しでも増やすことができたのかなと思います.

教職過程を通じて得た力は社会に出て部下ができた時,我が子ができた時,必ず役立ちます.教職課程で学んだことを今度は社会貢献という形で還元できたらと思います.ご指導ありがとうございました!今後ともよろしくお願い致します!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

hoso-kun

名前:細川翔平.修士(工学).福岡県八女市シェアハウス在住・病院勤務のブロガー.1994年生まれ .得意分野は包括医療費支払い制度(DPC),経済学,クレジットカードです.研究業績:公益社団法人日本経営工学会優秀学生賞(H28/3),公益財団法人本荘由利産学振興財団 平成28年度国際交流助成事業採択(H28/7)