​2017/12/05 初めて深センの街へ 約30…

​2017/12/05 初めて深センの街へ

約3000人の小さな漁村が、わずか30年で1200万の豊かさと未来都市感溢れる巨大都市へ発展

街では今でも高層ビルが次々と建設されています.おそらく高層ビルの建設がひと段落し労働者が溢れたら,企業は世界のインフラでも整備しに行くのでしょう.

「モノ作りは本当に尊い」「独裁は効率的なのかもしれない.

」そう感じた観光でした.

経済学の有名な論題である,「富は増えるもの」そのメカニズムについては以下を参照ください.

d.hatena.ne.jp/isacron/20150914/1442218210

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

hoso-kun

名前:細川翔平.修士(工学).福岡県八女市シェアハウス在住・病院勤務のブロガー.1994年生まれ .得意分野は包括医療費支払い制度(DPC),経済学,クレジットカードです.研究業績:公益社団法人日本経営工学会優秀学生賞(H28/3),公益財団法人本荘由利産学振興財団 平成28年度国際交流助成事業採択(H28/7)